とびだせどうぶつの森「元旦イベント」の思い出

とびだせどうぶつの森には「元旦」を祝うイベントがあります。日本らしい行事なので、関心も深く、一年に一度しかないためとてもレアなイベントです。また、元旦にもらえるアイテムが干支に関係しているもののため、同じものは12年後にしか入手することができないという珍しいタイプのものです。そのため、元旦の内容自体はもちろんのこと、もらえるアイテムまで思い出があり、毎年楽しみにしています。元旦になると母親から手紙が届きます。母親からは定期的に手紙が届きますが、元旦もしっかりくれるのでうれしいです。その他にもらえるのが年賀状です。これをくれるのは村に住んでいる住民たちです。しかし誰でもくれるわけではありません。年賀状を送ってくれるのは仲の良い住民だけです。そのため年賀状を貰えれば中が良いということであり、うれしくなります。逆に年賀状を貰えないとがっかりしてしまいます。冒頭にも話しましたが元旦にはしずえさんからアイテムを貰うことが出来ます。「えとのおきもの」というアイテムで、その年の干支が書かれています。そのため同じものは12年後にしか手に入りません。そのため毎年もらえるアイテムの一つ一つが思い出深いものとなっています。